配送ロボットがあなたの未来の同僚に!ーインターン生が迫るその魅力ー<vol.5 配膳ロボットを比べてみた!>


こんにちは!早いもので今年も3ヶ月が過ぎましたね、新生活を始めた方も多いのではないでしょうか。

本来なら新人歓迎会などが飲食店で開かれていたはずが今年も残念ながら開くことは難しいですね、、、。

 

そんなコロナ禍でも飲食店の味方になってくれる存在、配膳ロボットを飲食店で見たことがある、という方も少なくないのでしょうか。

コロナ禍に対する配膳ロボットの効果は下記記事にまとめてありますのでこちらもぜひ読んでみてくださいね。

dfarobotics.hatenadiary.jp

 

今回は、配膳ロボットを提供しているDFAで働く私たちインターン生が、いま話題になっている様々な種類の配膳ロボットの比較をしてみたいと思います! 

比較対象となるのは現在国内市場で活躍している5社の配膳ロボットです。

 

〇BellaBot/PuduBot

f:id:DFAROBOTICS:20210330003142p:plain
f:id:DFAROBOTICS:20210402103425p:plain
BellaBot(左)とPuduBot(右)

BellaBotは、⼈とロボット間の優れたコミュニケーション機能を備えています。親しみのある会話、かわいいデザイン、AI⾳声機能、マルチモードインタラクション(視覚・聴覚を含め、複数のコミュニケーションモード)、その他多くの新機能を備えたBellaBotは、ユーザーに前例のない配膳ロボット体験を提供します。

 

PuduBotは、トレイの高さや段数を調節可能。2分以内のクイックスタートで、操作がシンプルで簡単な使いやすさに優れています。0.5秒の即時応答で障害物を回避し衝突や⾶沫のないスムーズ配膳。また同時稼働している最⼤20台の PuduBotロボットをサポートするマルチロボット配送モードがあります。

dfarobotics.com

〇Serviについて

f:id:DFAROBOTICS:20210329110355p:plain

Servi

 

高性能のセンサーを装備し、スムーズかつ安全な移動を実現。
前方死角なしで、人や物を滑らかに避け、料理などを安定的に運びます。
最短60cmの幅を通過することが可能で、人とのすれ違いもスムーズです。
また、360°どこからでも料理などの運搬物を載せられ、重い食器や複数の料理なども一度に配膳する事が可能です。

www.softbankrobotics.com

〇PEANUT

f:id:DFAROBOTICS:20210402103810p:plain

PEANUT

Lidar + Deep Vision + Machine Visionなどのマルチセンサー融合技術により、高精度の屋内ナビゲーションを実現します。また喜び、困り、悲しみ、などの豊かな表情を演出する事が可能となり、音声と併せて更なるコミュニケーション能力を併せ持ちます。

jsprobot.com

〇SAKURA

f:id:DFAROBOTICS:20210330003546p:plain

SAKURA

スマホと連動する呼び出し機能、非接触タッチレス扉の装備、エレベーターを使った自律移動、またデータ管理でロボットの稼働状況が可視化できます。

aim-tech.jp


〇YUNJI DELI

f:id:DFAROBOTICS:20210329111435p:plain

YUNJI DELI

3 段トレイを実装し、トレイの段数と高さを柔軟に変更可能。最大 50kg まで料理を載せることが出来るため大容量の配膳が実現可能。前後両方向に動くことができ、Uターンが不要です。またタッチパネルは2面に搭載しているため、操作性に優れています。

symphonict.nesic.co.jp

 

f:id:DFAROBOTICS:20210408085526p:plain

配膳ロボット比較表

このように比較すると、それぞれ見た目・性能共に個性があることが分かりますね。

ぜひこちらの表を活用してお店で見かけた際はそのロボットの働きぶりを見てみてくださいね。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!