配送ロボットがあなたの未来の同僚に!ーインターン生が迫るその魅力ー<vol8.コロナ禍における配送配膳ロボット(海外編)>

こんにちは!DFAインターン生のロボ子です!

 

だんだんと気温も熱くなってきましたね!すでに夏が近づいてきているようにも感じます。皆様はいかがお過ごしですか?

 

さて、今日のテーマは、コロナ禍における配送配膳ロボットの活用(海外編)です!

 

以前、第4話でも国内におけるコロナ禍における配送配膳ロボットの活用についてお話をさせていただきました。

 

dfarobotics.hatenadiary.jp

 

 

コロナの影響により世界中が、

 

●非対面接客などの感染対策

●密を避けた営業における人手不足

 

な感染対策や営業体制の変更を実施してきました。

 

 

そんな中で、「配送ロボット」「配膳ロボット」というものが、どのように注目を集め、活躍をしているのか。

 

なぜこれらの活躍が、コロナ禍における私達の生活を支えてくれるのかということを、今回は海外の事例、特にpuduやbellabotが盛んに活用されている中国を中心にご紹介したいと思います!

 

 

●鍋料理屋さんでの活用

 

中国の鍋料理チェーン店「Haidilao restaurant」では、料理の店内配膳に配膳ロボットのBellabotが活用されているようです。

店内の配膳業務をロボットが担当することで、コロナ対策が可能になるだけでなく、人件費の削減にも繋がります。

 

Bellabotが配膳している様子はこちら!

www.pudurobotics.com

 

 

 

インターネットカフェでの活用

 

インターネットカフェでも配送ロボットpuduは活躍中!なんと、注文を受けた飲み物をパソコン席やゲームルームまで運んで届けています。

 

広くて席数の多い室内でも、puduなら順番に複数の注文商品を届けてくれるので安心ですね!下記リンク先の動画をみてみると、どうやら人が持てない量の飲み物でもたくさん運べるようです。

 

puduが飲み物を運んでいる様子はこちら!

www.pudurobotics.com

 

 

 

●病院での活用

 

食べ物や衣服を病室まで届ける作業も、puduが活躍しています。

配膳ロボットと同じく非接触をより心がけなければならないコロナ禍において、病院での活用もこれから更に注目度を上げそうですね!

 

下記動画からも、廊下の人々をスムーズに避けながらデリバリーするpuduの様子が伺えます。

youtu.be

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

Pudu、Bellabotは今までのブログ記事でもご紹介させていただいた、DFAの取り扱うロボットです。レストランなどの飲食店だけでなく、様々な施設でも活躍しています!

 

現在DFAでは、導入のご検討をされたい方や、実証実験を行いたい企業様からのご相談、お問い合わせをお待ちしております!

https://dfarobotics.com/about

 

サポート窓口
[電話]03-6868-7442(受付時間 平日10:00-17:00)
[メールアドレス]management@dronefutureaviation.com 
会社HP]http://dronefutureaviation.com

 

 

 

 

 

配送ロボットがあなたの未来の同僚に!ーインターン生が迫るその魅力ー<vol.7 配送ロボットYAPEについて>

こんにちは!

そろそろ花粉の時期も終盤とのことでやっと外にお出かけがしやすくなる時期!と思ったら緊急事態宣言が出てしまいそうですね、、

 

さて、これまでは配膳ロボットについてお話してきましたが、今回は配送ロボットの「YAPE」についてご紹介します!

 

「YAPE」とは、イタリアのハイテクメーカーe-noviaの子会社Yapeによって開発された2輪の自律配送ロボットで、イタリアでは既に自動走行による配送実験を成功させています。

DFAはそんな「YAPE」を日本独占取扱権を所有しているのです!

独立した電気モーターを備えた2つの車輪でエネルギー消費を最小化し、動きの機敏さを最大化する構造となっています。2019年には世界で最も権威のある賞の1つであるドイツデザインアワード2019を受賞しました!!


さらに機能として優れている点は、オートナビによるフロア間のルートの設定やインターネットを介してエレベーターと連動することで、ロボットからエレベーターの扉の開閉や指定階の指令を出すことにより、異なるフロア間の移動をすべて自律走行で可能にしています。

 

この可愛らしいサイズとフォルムのうえに、自律走行で屋内を動き回れる、なんとも優秀なロボットですよね!

 

〈YAPEの製品仕様詳細〉

f:id:DFAROBOTICS:20210423083208p:plain

YAPE 製品仕様

〈YAPE走行動画〉

youtu.be

 

 

 そして!!

 

最新情報としてお届けしたいのは下記リンクにある、「Foodora」というフードデリバリーサービスを行っている会社と「YAPE」がスウェーデンで自動配送の実証実験を行ったという記事です。

 

機体がよりお洒落になっています!

こんなロボットが日本の街中を走ってくれる日が来るといいですね^^

今後のYAPEの活躍に乞うご期待です!
prtimes.jp

 

さらに詳しい情報が知りたい方は以下リンクからDFAのホームページをチェックしてみてくださいね!

DFA ホームページ〉

dronefutureaviation.com

 

GWはステイホームで楽しみましょうね!

それでは、また次の回でお会いしましょう:)!

配送ロボットがあなたの未来の同僚に!~インターン生が迫るその魅力~〈vol.6 配膳ロボットに会いにいってみた!〉

こんにちは!DFAインターン生のロボ子です!

 

今日はロボ美と、都内のレストランで実際に活躍している配膳ロボットに会いに行ってみたので、その様子をお届けしたいと思います!

 

 

御茶ノ水駅を降りて、ソラシティへ向かいます。

たどり着いたのはガストンアンドギャスパー 新御茶ノ水店様です。

 

tabelog.com

 

食べログにも「ネコちゃん型配膳ロボット稼働中」の文面が、、!!

 

 

お店に入ると、

f:id:DFAROBOTICS:20210406162232j:plain

BellaBot

 

いました〜!!!BellaBotが、テーブルまでお料理を運んでいました。

 

お店の方の代わりにBellaBotがテーブルまでお料理を運び、

お客様がBellaBotのトレーから取り出す仕組みになっているみたいです。

トレーは4段あり、たくさんのお皿が運べるようです!

 

私達も、お料理の注文をし早速体験をしてみました!

 

まず、注文したお料理が店員さんによってBellaBotのトレーに乗せられます!

f:id:DFAROBOTICS:20210412111037j:plain

 

 表情がなんともかわいい、、、!

 

 

トレーに乗せたら、運び先の注文テーブルを選びます。

f:id:DFAROBOTICS:20210412111329j:plain

 

 

障害物を上手に避けながら、BellaBotがお料理を運んできてくれました!

f:id:DFAROBOTICS:20210412111221j:plain

 

大きなお皿やスープも問題なく運んでくれて、なるべく接触を避けた接客を受けることができ、ウィズコロナ時代にさらにニーズが深まりそうだと肌で感じられました。

 

 

DFAでBellaBotの使用動画も公開しておりますので、ぜひご覧になってみてください!

youtu.be

 

 

 

 では、また次回お会いしましょう!

 

配送ロボットがあなたの未来の同僚に!ーインターン生が迫るその魅力ー<vol.5 配膳ロボットを比べてみた!>


こんにちは!早いもので今年も3ヶ月が過ぎましたね、新生活を始めた方も多いのではないでしょうか。

本来なら新人歓迎会などが飲食店で開かれていたはずが今年も残念ながら開くことは難しいですね、、、。

 

そんなコロナ禍でも飲食店の味方になってくれる存在、配膳ロボットを飲食店で見たことがある、という方も少なくないのでしょうか。

コロナ禍に対する配膳ロボットの効果は下記記事にまとめてありますのでこちらもぜひ読んでみてくださいね。

dfarobotics.hatenadiary.jp

 

今回は、配膳ロボットを提供しているDFAで働く私たちインターン生が、いま話題になっている様々な種類の配膳ロボットの比較をしてみたいと思います! 

比較対象となるのは現在国内市場で活躍している5社の配膳ロボットです。

 

〇BellaBot/PuduBot

f:id:DFAROBOTICS:20210330003142p:plain
f:id:DFAROBOTICS:20210402103425p:plain
BellaBot(左)とPuduBot(右)

BellaBotは、⼈とロボット間の優れたコミュニケーション機能を備えています。親しみのある会話、かわいいデザイン、AI⾳声機能、マルチモードインタラクション(視覚・聴覚を含め、複数のコミュニケーションモード)、その他多くの新機能を備えたBellaBotは、ユーザーに前例のない配膳ロボット体験を提供します。

 

PuduBotは、トレイの高さや段数を調節可能。2分以内のクイックスタートで、操作がシンプルで簡単な使いやすさに優れています。0.5秒の即時応答で障害物を回避し衝突や⾶沫のないスムーズ配膳。また同時稼働している最⼤20台の PuduBotロボットをサポートするマルチロボット配送モードがあります。

dfarobotics.com

〇Serviについて

f:id:DFAROBOTICS:20210329110355p:plain

Servi

 

高性能のセンサーを装備し、スムーズかつ安全な移動を実現。
前方死角なしで、人や物を滑らかに避け、料理などを安定的に運びます。
最短60cmの幅を通過することが可能で、人とのすれ違いもスムーズです。
また、360°どこからでも料理などの運搬物を載せられ、重い食器や複数の料理なども一度に配膳する事が可能です。

www.softbankrobotics.com

〇PEANUT

f:id:DFAROBOTICS:20210402103810p:plain

PEANUT

Lidar + Deep Vision + Machine Visionなどのマルチセンサー融合技術により、高精度の屋内ナビゲーションを実現します。また喜び、困り、悲しみ、などの豊かな表情を演出する事が可能となり、音声と併せて更なるコミュニケーション能力を併せ持ちます。

jsprobot.com

〇SAKURA

f:id:DFAROBOTICS:20210330003546p:plain

SAKURA

スマホと連動する呼び出し機能、非接触タッチレス扉の装備、エレベーターを使った自律移動、またデータ管理でロボットの稼働状況が可視化できます。

aim-tech.jp


〇YUNJI DELI

f:id:DFAROBOTICS:20210329111435p:plain

YUNJI DELI

3 段トレイを実装し、トレイの段数と高さを柔軟に変更可能。最大 50kg まで料理を載せることが出来るため大容量の配膳が実現可能。前後両方向に動くことができ、Uターンが不要です。またタッチパネルは2面に搭載しているため、操作性に優れています。

symphonict.nesic.co.jp

 

f:id:DFAROBOTICS:20210408085526p:plain

配膳ロボット比較表

このように比較すると、それぞれ見た目・性能共に個性があることが分かりますね。

ぜひこちらの表を活用してお店で見かけた際はそのロボットの働きぶりを見てみてくださいね。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!

配送ロボットがあなたの未来の同僚に!ーインターン生が迫るその魅力ー<vol4.コロナ禍における配送配膳ロボット>

こんにちは!DFAインターン生のロボ子です!

 

今日のテーマは、コロナ禍における配送配膳ロボットの活用についてです。

 

ロボットが私たちにモノを運んでくれる世界、、、

想像するだけでも、すごくわくわくしますね!

そんな世界が実は身近でも、存在するんです。

 

 

 

皆さんは、配送ロボット、配膳ロボットについてどのくらい知っていますか?

 

コロナ禍で「非接触」が叫ばれている中、配送配膳ロボットの活躍が注目され始めています。

 

ではロボットたちは、どんな作業を私たちにしてるのでしょうか?

 

まずは配送ロボットからみてみましょう!

 

 

 ・配送ロボットが人手不足の工場内で大活躍!?

 

コロナ禍におけるステイホームの影響で、ネットショッピングをする人が増えました。

 

しかし、物流業界では感染対策のために倉庫内で作業できる人数制限がされたり、人手不足が深刻な問題になっています。

 

そこで登場するのが配送ロボットです!

工場内や倉庫内で人が運搬車や機械を使ってものを運んでいた作業が、ロボットにより自動化されています。

 

www.rapyuta-robotics.com

 

www.wwdjapan.com

 

 

・配膳ロボットが非接触配膳を実現!?

 

配膳ロボットとは、店内の障害物や人をよけながら飲み物や食べ物をこぼさずに、お客様に届けるロボットです。DFAではネコ型配膳ロボットのBellaBotを取り扱っております。

f:id:DFAROBOTICS:20210308143703j:plain

BellaBot



 

コロナ対策の一つである、非接触配膳を可能にするだけでなく、音声を発し周りとのコミュニケーションも可能です!

 

robotstart.info

 

 

いかがでしたでしょうか?

他にも私たちの身近なところで活躍しているロボットはたくさんあります。

また次回以降もいろんな用途のロボットを紹介していきますね!

配送ロボットがあなたの未来の同僚に!~インターン生が迫るその魅力~〈vol.3 ロボデックス展示会〉

こんにちは!DFAROBOTICSのブログへようこそ!

 

ここでは、インターン生の女子2人が、日々のインターン業務中にみつけた配送ロボットのリアルや、肌で感じた魅力をお届けします!

 

第3話目となる今回のお話の内容は、1/20~1/22に東京ビッグサイトで開催されていた【ロボデックス展示会】についてお話しします!

 

この展示会は第5回目の開催となり、コロナ感染症対策のもと、さまざまなジャンルのロボット企業が東京ビッグサイトに集いました。

 

f:id:DFAROBOTICS:20210209092524j:plain

www.robodex.jp

 

いざ会場につくと、出展企業が多すぎてすべてを見切れないという事態。。

こうした企業の中には、Withコロナ対策にとして需要が高くなるであろう消毒ロボットや、医療従事者や介護をされる方の体への負担を軽減してくれるマッスルスーツなど興味深いものばかりでした。

我々DFAも提供している、「配膳ロボット」もいくつかの企業で見受けられ、インスパイアされる点が多かったです。

 

↓実際の会場の様子です。

youtu.be

 

実は「オンライン来場」もやっているのです!

コロナ禍でも展示会でそうしたサービスをしてくれるのはありがたいですよね。

f:id:DFAROBOTICS:20210209092631j:plain

 

会場にリアル来場すると、セミナーも聴講することができます!

 

今年2021年の10月には名古屋、来年2022年の1月には再び東京ビッグサイトで開催予定です。

是非皆さんもチケットを持って行ってみてくださいね。

もしかしたら私たちDFAが会場で待っているかもしれません、、、!

 

 では、また次のお話でお会いしましょう!

配送ロボットがあなたの未来の同僚に!ーインターン生が迫るその魅力ー<vol2.実証実験>

こんにちは!DFAROBOTICSのブログへようこそ!

 

ここでは、インターン生の女子2人が、日々のインターン業務中にみつけた配送ロボットのリアルや、肌で感じた魅力をお届けしています!

 

今日は、過去にDFAがおこなった配送ロボットの実証実験についてお話ししたいと思います。

 

実証実験の内容は、配送ロボットがビル内で社内便を運んで届けるというものです。

2020年の3月に、DFA日本郵便様で行い、エレベーターとの連携も実現しました。

 

記事はこちら!

prtimes.jp

 

 

ではなぜ、いま配送ロボットを実証実験するのでしょうか?

社内ビルで配送ロボットを使うメリットは3つあります。

 

●コロナ禍の非接触対策になる

様々な非接触対策がおこなわれる中、ロボットによる作業の代行は注目を浴び始めています。

 

●作業の効率化につながる

モノを受け渡すための人同士の移動が減り、移動時間に費やしていた時間を他作業にあてることができます。

 

●人手不足の解決策になる

モノを運んだり届けたりという作業を、配送ロボット自身が周囲とコミュニケーションをとりながら安全に行うことができます。

 

これからのウィズコロナ時代こそニーズが高まり、ロボットが当たり前にそばにいる未来もそう遠くはないかもしれませんね!

 

今回はここまで!ではまた次回お会いしましょう!